18

リゾート気分

18 リゾート気分

CRASTY
リゾートをテーマに、お施主様と二人三脚で細部に至るまでじっくりと考え抜いた一邸。
外観は当社のモラージュ菖蒲展示場を、インテリアテイストは大宮北展示場をベースにしつつ、試行錯誤を繰り返し、お施主様と理想のカタチを追い求めました。

建物の納まりや初めて取り扱う住宅設備など、設計士としてのキャパシティが広がっていく実感を持てる一邸でした。
成長機会を与えてくださったお施主様との出会いに心から感謝をしています。

設計/TOYOTA WOODYOU HOME

画像をクリックすると拡大表示します。

空の青さが映える佇まい

当社のモラージュ菖蒲展示場を参考に、直線で構成された都会的なデザインの外観。
外壁をブラックのワントーンで仕上げたことで、住宅街の中でもひときわ存在感を放っています。
建物に広さとゆとりを持たすために、東西の軒の出は控えめにし、その分、南側の軒を80cmほど長く出して実用性と外観の風格をデザインしました。
寄棟屋根は三寸の緩勾配で、太陽光発電を搭載。
住宅性能にもこだわりを持つお施主様のご要望で、ZEH仕様になっています。

建物へと続くアプローチにはピンクの化粧砂利を敷き詰め、蛇籠とソテツを添えて、リゾートハウスのような趣きに。
青空が良く似合います。

リゾート気分に浸れるLDK

ウォールナットの床材で風合い豊かなLDK。
壁の一面にボタニカル柄のアクセントクロス、テレビボードの両脇に天然石のアクセントウォールをコーディネート。
アジアンテイストの家具を配置して、気分が安らぐリゾート感を採り入れました。
さらに、天井高を通常より200mm高い2,600mmを採用し、それに合わせて建具も2,300mmに変更。
リゾートの開放感を高めています。

キッチンを主役に据えて

LDKの中心には、奥様お気に入りのkitchenhouseのキッチンを配置。
キッチンからはリビング・ダイニングが見渡せ、スタディコーナーで勉強しているお子さまとも会話ができる間取りとなっています。
セラミックタイル調のメルクリオのキッチンが、LDKのリゾートスタイルにマッチ。
家族の楽しい時間がここから始まる、そんな予感に包まれる空間に仕上がりました。

思い思いに時間を過ごせるLDK

LDKにはリビング学習ができるスタディコーナーも設計しました。
お子さまふたりが並んで勉強できるように、2mのワイドカウンターを設置。
家族4人が同じ空間で、それぞれに時間を過ごす。
家族の、姉妹のコミュニケーションを増やす一工夫です。

何気ない空間に楽しみをプラス

階段を上がった2Fのファミリースペースに、照明一体型プロジェクターを設置。
投影先の壁には、映像がなめらかに映るプロジェクター用クロスを貼りました。
何気ない壁が時計を表示したり、動画コンテンツを視聴できる大画面に変身。
第二のリビングであるファミリースペースで過ごす時間に、楽しみがひとつ加わりました。
  • 所在地

    埼玉県鴻巣市

  • 商品規格

    CRASTY

  • 工法

    2×6工法

  • 敷地面積

    156.46㎡

  • 延床面積

    125.38㎡