リフォームメニュー最新設備導入

住まいの建築から10年、20年…
その間、住まいに関する技術も進化し続けています。
最新設備を導入して、最先端の暮らしを。

V2HVehicle to Home

2030年前半、
ガソリン車販売禁止!?

欧米諸国では自動車新車のゼロエミッション化、即ち「脱ガソリン」の方針が固まりつつあります。
日本でも2030年前半に新車販売のすべてを「電動車」にすることを目指す方針が立てられています。
その場合、電気自動車(EV)が今後普及していく可能性が見込まれます。

2030年前半、ガソリン車販売禁止!?

EVを賢く利用して、
家庭の電力消費をお得に。

時代を先取りしてEVを導入するなら、電気自動車を「蓄電池」としても活用できるようになるV2Hがおすすめです。
太陽光発電で創った電力で電気自動車を動かし、電気自動車に蓄えられた電力を家庭で使う。
家庭のエネルギーを自給自足できる最新技術です。

2030年前半、ガソリン車販売禁止!?

将来的にもお得が続く、V2H。

自家用車を蓄電池としても活用できるV2H。
太陽光発電と組み合わせることで、将来的に再生可能エネルギーの固定買取価格制度が終了したとしても、売電していた電力を家庭での消費に回すことで暮らしのコストを抑制できます。

将来的にもお得が続く、V2H。

クルマde給電Kuruma de Kyuden

増加する自然災害
万が一、停電になったら…

自然災害で停電!
ここ最近の大規模災害で、停電を経験された方は少なくないはず。
照明がつかない、家電が使えない、お風呂にも入れない…
電気が使えないだけで、わたしたちの日常生活は想像以上に不自由になってしまいます。

増加する自然災害 万が一、停電になったら…

もしもの備え、「クルマde給電」
非常時にクルマから住まいへ電力供給

「クルマde給電」は、クルマと住まいをつなぎ、電源として利用する業界初の非常時給電システム。
停電が長時間に及んだ場合でも、部屋の照明はもちろん、冷蔵庫や調理機器、電気ヒーターなど、生活に必要最低限の電力を使用できます。

もしもの備え、「クルマde給電」 非常時にクルマから住まいへ電力供給

暮らしを守るクルマとつながる住まい。
一般家庭の約4.5日分の給電が可能!

クルマから一部の居室に「最大1500W」を給電することができ、停電時に最も必要とされる電力の明かりや冷蔵庫、調理器具などが使用できます。
「クルマde給電」はライフライン復旧までの自立した安心の在宅避難をサポートします。
「もしも」に備えた最新技術のご提案です。

暮らしを守るクルマとつながる住まい。一般家庭の約4.5日分の給電が可能!

リフォームに関する
お問い合わせはこちら

カスタマーセンター

0120-115-109

24時間・365日受付