リフォームメニュー性能アップデート

断熱性能や省エネ性能をアップデート。
いつまでも快適に、安全に。

省エネリフォームEnergy Saving

電気料金は年々値上がり

2010年度の電気料金は20.4円/kWhだったのに対し、2017年度は約16%上昇し、23.7円/kWhに値上がり。
一般家庭の電気料金は年々値上がりを続けています。

省エネリフォーム

ご存知ですか?再生可能エネルギー賦課金

電気代には、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を消費者が負担する「再生可能エネルギー賦課金」が上乗せされています。
2020年度の再生可能エネルギー賦課金は2.98円/kWhで、1ヶ月の消費電力を539kWhとすると、1,606円もかかってきます。
そして、再生可能エネルギー賦課金は、電力会社が電気を買い取るために使用され、最終的に再生可能エネルギーを作っている方(太陽光発電システムを搭載している方)へ届きます。

再エネ賦課金の推移

※表を横にスワイプすると、続きをご覧になれます。

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
単価(kWh) 0.22円 0.35円 0.75円 1.58円 2.25円 2.64円 2.90円 2.95円 2.95円
1ヶ月
539kWh
119円 189円 404円 852円 1,213円 1,423円 1,563円 1,590円 1,606円
1年間 1,423円 2,264円 4,851円 10,219円 14,553円 17,076円 18,757円 19,081円 19,275円
再エネ賦課金の推移

はじめませんか
太陽光発電でエコライフ

値上がりする電気料金や再生可能エネルギー賦課金など、家計の負担は増えるばかり。
だから、太陽光発電の搭載はオススメのリフォーム。
太陽光発電は自宅でエネルギーを創るだけでなく、電力会社への売電もでき、毎日の暮らしが断然オトクになるわけです。

省エネリフォーム

太陽光発電と一緒に、
さらなる省エネを実現する
高効率住宅設備の導入もオススメです。

太陽光発電と一緒に、さらなる省エネを実現する高効率住宅設備の導入もオススメです。

断熱リフォームHeat Insulation

家の中が寒い・・・

冬場、暖房をつけても部屋の中がなかなか温まらない。
リビングを出ると寒い。
結露が気になる。
そんなお悩みには、断熱リフォームがオススメです。

家の中が寒い・・・

閉め切っていても、
多くの熱が家から逃げていきます

屋根・床・壁、そして窓から実は多くの熱が家から逃げていきます。
特に開口部である窓からは、58%もの熱が出入りしているのです。
つまり、窓の断熱性を高めることが、住まい全体の断熱性能を高める重要なポイントになるのです。

閉め切っていても、多くの熱が家から逃げていきます

二重窓で窓の断熱対策

既存の窓の内側に樹脂製サッシを取り付けて、二重窓にすることで、夏は暑さを遮り、冬は熱を逃さない窓の断熱対策が可能です。
結露も防ぐので、カビやダニの発生を防ぎ、健康で快適な室内環境をキープ。
窓が二重なので、防音効果も高まります。
工事は既存の窓を外す必要がないので、手軽に窓の断熱性能を高めることができます。

二重窓で窓の断熱対策

他にも、天井や床、壁に
高性能グラスウールを追加して、
断熱性能を高めるプランもあります。

他にも、天井や床、壁に高性能グラスウールを追加して、断熱性能を高めるプランもあります。

リフォームに関する
お問い合わせはこちら

カスタマーセンター

0120-115-109

24時間・365日受付