IDLE ASSETS

空き家・空き地の賃貸化・売却・資産組み換えによる有効活用と相続対策

総務省が発表した平成30年「住宅・土地統計調査」によると、
空き家は846万戸、空き家率は13.55%と未利用住宅が全国的に増加の一途を辿っています。
また空き地は放置すると、雑草が繁茂し景観を損ない、
資産価値の減少やご近所様へ迷惑をかけるといった事態にもなりかねません。
トヨタウッドユーホームでは、お客様の目的に応じ、不動産のプロが「空き地・空き家」の広さや環境、
様々な条件に合わせた「有効活用法」で価値ある資産に再生します。

空き地・空き家の問題点

今も近い将来も住む予定のない空き家。
利用していない、または当面利用予定のない空き地。
これらを所有している場合、次のような心配事はありませんか?

  • 放火による
    小火や火事

  • 地震・突風・台風で
    損壊や倒壊

  • 不審者や動物による
    汚損や侵入

  • 雑草の繁茂や
    不法投棄被害

空き地・空き家には
リスクが潜んでいます!

空き家の上手な活用法について

空き家とは、居住していない、または利用されていない住宅です。
そのままでは固定資産税がかかるだけの不動産になってしまいます。
賃貸経営や売却などの有効活用をすることで、収益化することも可能です。

  • 売却する

    住宅は住まない状態が長期間続くと、湿気や熱で老朽化が進み、著しく劣化が進行してしまいます。
    そうなる前に空き家をそのまま売却してしまう手間のかからない方法です。

  • 賃貸経営

    プロによるハウスクリーニング、需要に合わせた間取りや設備仕様にリフォームすれば、安定した収入を確保することができます。
    また、住んでいただくことで、老朽化を軽減することも可能です。

  • 更地で売却

    老朽化した住宅は、解体して更地で売却する方が良い場合もあります。

家の状態やお客様のご要望に応じて、不動産のプロがアドバイスをします

空き地の上手な活用法について

空き地とは、主に宅地化された、使用されていない土地をいいます。
常に適正な維持管理が行われていないので、草木が生い茂り、害虫の発生や廃棄物投棄の恐れがあります。
樹木が道路や歩道を塞いでしまうケースもあります。

  • 売却する

    売却することで、大変だった管理の手間や時間はもちろん、固定資産税を支払う必要がなくなります。
    さらに、売却資産で新たな資産形成や相続税の支払い、子や孫への資金贈与に利用することができます。

  • 戸建て賃貸経営

    住宅メーカーである当社のメリットを最大限に生かした戸建て賃貸住宅経営。
    長期安定収入が見込まれるだけでなく、共同住宅と比べ、時価相場での売却ができ、さらに高い節税効果も見込まれます。

  • 商業施設や駐車場で収益化

    駐車場への転用による収入も選択肢のひとつです。
    立地条件によっては、商業施設として賃貸も可能です。

立地条件やご要望に応じて、不動産のプロが最適なアドバイスをします

遊休地の活用事例

大規模な土地の場合、売却や賃貸運用などの組み合わせで、リスクを分散させることができます。
また、戸建賃貸はプライバシーを大切にしたい方や、ご家族と同居の転勤者から根強い需要があり、長期安定収入が期待できます。

期待されるメリット

  • 固定資産税・都市計画税の軽減
  • 相続時、土地は借地権・借家権による評価額減少。建物は固定資産税標準額のため、投下資金より評価額が減少
  • 宇都宮市内の場合、立地条件により8〜13万円の賃料設定で安定収入
  • 長期間安定利回り(低変動)
  • 居住用住宅として、相場での売却が用意
  • 自己住居としても利用可能

単一的な利用・活用でなく、
総合的かつ長期的に負債負担(リスク)を分担しながら資産の保有ができます

遊休地の有効活用をお考えの方は、
総合生活産業である当社にご連絡ください